トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

子どもが2歳をすぎると、ママを悩ませるのは、トイレトレーニング(トイトレ)ですよね。そろそろ始めようと思いながらも、結局はオムツが楽だということもありがちなこと。しかし、それではダメ。子どもを自立させるためには、自分で排泄できる必要があります。寒い季節には仕方がありませんが、2歳を過ぎたらオムツ外しをそろそろ初めてみませんか?

 

トイトレに必要な力は備わってる?

 

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

最初にオムツを外そうと感じるタイミングが大切です。おおよその目安は育児書を見ると2歳頃からトイトレを始めましょうと書かれていますよね?しかし、子どもの成長には個人差があります。自分の子どもにオムツを外すだけの力が備わっているのかを確認する必要があるでしょう。チェック項目は下記の通りです。

 

  • おしっこの間隔は3時間程度空いているか
  • 子どもと日常的な会話のレベルはできているか。コミュニケーションが取れていれば問題ありません。まだはっきりとしゃべれない子どもでもトイレの意思表示を伝える力があれば大丈夫です。
  • 小さな物をつまめる程度に指の力は発達しているか。トイレットペーパーでお尻を拭くことができるレベルであれば問題ありません。
  • トイレが何で、おしっこが何かの知識を持っているか。教えればわかる力が備わっているか。
  • 不快な心を伝える力はあるか。泣くだけではなく、言葉で伝えられる力です。

 

これらの発育が順調なようであれば、いよいよオムツ外しの時期です。できるだけ寒い季節を避けて暖かい季節にオムツ外しを実行してみましょう。

 

トイトレが不要なわけ

 

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

これまでのオムツ外しの常識は最初にトイトレを行うことから始まりましたよね?しかし、トイトレには時間がかかりますし、ママにも子どもにも心的負担がかかることでしょう。トレーニングのために専用のオムツや、専用のパンツを買う行為もお金がかかってしまいますよね。
実は、オムツ外しの力が備わっていれば、トレーニングをしなくてもオムツは外れます。コミュニケーションさえ取れれば、簡単にオムツが外せるんですよ。トイレに行く、座る、という行動が怖い子どもも確かにいることでしょう。しかし、そういう子ども以外であれば、トイトレはあまり意味がないかもしれません。
そもそも、トイレが怖い、行きたくないという意識を持つのは、トイトレのせいではありませんか?トイトレ中に上手に排泄ができないとママは、子どもを叱ってしまう場合が多くあります。「おしっこ出して!」などと少し強い調子で言ってしまいがち。そのため、トイレに行くとママが怖い、という意識が子どもの中に芽生えるんですよね。身に覚えのあるママもいることでしょう。子どもは怖がり、ママはイライラする、そういう状態でトイトレをしているくらいなら、トイトレは省いてしまいましょう。場所見知りなどがない子どもであれば、トイトレは省いた方がママも子どもも楽に過ごせますよ。

 

すぐに取れる!オムツ外しの新習慣!

 

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

では、トイトレ無しでどうやってオムツを外すのでしょうか。まず、子どもに教えたいことは、おしっこを漏らすとどうなるかということです。オムツを外そうと思ったら、トレーニングパンツなどは使わずに、布パンツを最初から履かせてみましょう。
初日の最初は当然子どもはお漏らしをします。これまでオムツだったワケですから当然ですよね。そこでママは怒ってはダメ!「これがおしっこだよ。トイレに行かないとどうなった?気持ち悪いよね」と教えてあげましょう。子どもが漏らす感覚を気持ち悪いと理解できて、言葉が話せるようであれば、うまくいけば一発でオムツが外れます。まだ、おしっこが出る前の感覚がつかめていないようであれば、根気強く1日かけて「漏らす→説明する」を繰り返してみましょう。ほとんどの子どもは1日あれば、感覚がつかめてオムツが外れますよ。

 

オムツ外しの注意点

 

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

オムツ外しの新習慣を行うためにはいくつか注意点があります。1つ目はおしっこを漏らす前提でのオムツ外しですので、パンツ一枚で行うこと。ズボンやスカートは不要です。汚れ物はできるだけ少ない状態にしましょう。そのためにも季節は選んでくださいね。上半身はもちろん普通に着せても問題ありません。2つ目の注意点は、イライラしないこと。お漏らしをするため、当然床にはおしっこが広がります。掃除を含めて数回は我慢ができることが前提です。潔癖症のママには不向きな方法かもしれません。3つ目はうんちのときです。この方法でうんちの感覚をつかむことは難しいでしょう。子どものうんち習慣にもよりますが、1日1回のうんち習慣の子どもの場合には、うんちは数日間漏らしてしまうことも。子どもによっては、うんちかおしっこかの区別がつかずに、うんちの場合でも漏らさずに最初からトイレでしてくれる子どももいます。ママのこれまでの育児で子どもがうんちをしたがる素振りはだいたい掴めているはず。上手にトイレに誘導できればいいですね。

 

新習慣のオムツ外しで嬉しいポイント!

 

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

この方法でオムツを外すことのメリットは、お漏らしした場合に、2日目以降であれば、ママは子どもを少しは叱っても平気なところ。トイトレではママが叱ったり、不機嫌になる行動はNGです。子どもがトイレを怖がったり嫌がったりするから。しかし、この方法であれば、ママが叱るのは、お漏らしをしたケース。そのため、お漏らしをするとママが怖いと子どもが感じることで、トイレでおしっこをしなければ、と理解できるのです。怒りっぽいママでもストレスを感じずにオムツ外しができて嬉しいですよね。
また、経済的にもこの方法は優れています。余計なトレーニングオムツなどを購入する必要がありません。
ただし、デメリットもあります。お家がフローリングであれば、掃除もしやすいですが、カーペットのお家の場合には、掃除が大変であることです。また、小さな兄弟がいた場合には、衛生的に難しい面もあるでしょう。

 

まとめ

 

トイトレは不要!?オムツ外しの新習慣を試してみよう

 

いかがでしたか?
現在子どものトイトレで苦労しているママやこれからトイトレを始めようとしているママは参考にしてトイトレ無しでオムツ外しを楽に行ってみませんか?
経済的にも心理的にも楽な方法ですよ。ただし、向き不向きがありますので、この方が楽にできると感じたらぜひ試してくださいね。
本当に今までの苦労が嘘みたいに、驚くほどスムーズにオムツが取れますよ。